神戸市西鈴蘭台駅の動物病院なら、市田動物病院

電話をかける
WEB予約

コラム

コラム COLUMN

去勢・避妊の手術はお早めに。病気の予防にもおすすめ!

こんにちは。
 
神戸市西鈴蘭台駅より徒歩10分の「市田動物病院」です。
 
 
犬や猫を新しくおうちに迎えたときは、できるだけ早く去勢や避妊の手術を受けましょう。
 
「まだ小さいうちから手術なんてかわいそう……」と思われるかもしれませんが、手術をおすすめする理由は望まない妊娠を防ぐためだけではありません。
 
これらの手術は、犬や猫が将来かかるかもしれない病気を予防したり、ストレスを軽減させたりするために行われています。
 
大切な家族の一員である動物たちのためにも、去勢や避妊の手術をする意味を改めて考えてみましょう。
 
 

去勢・避妊の手術は病気の予防になります

去勢・避妊手術を行うと、性ホルモンに関連して発症するかもしれない病気の予防ができます。
 
メスの場合は、乳腺腫瘍や子宮内膜炎、卵巣腫瘍などメス特有の病気の予防になり発生率を下げられる可能性があります。
 
オスの場合も精巣腫瘍や前立腺疾患、肛門まわりの腫瘍、会陰ヘルニアなどの病気の予防になります。
 
これらの病気は命にかかわる重症な病気になるケースが多いため、出産の予定を考えていないなら、去勢・避妊手術は受けていると安心でしょう。
 
 

手術は生後6カ月ごろからがおすすめです

個体差はありますが、手術は発情を迎える前の生後6カ月ごろをおすすめしています。
 
メスの場合、発情を迎えるとホルモンの分泌により乳腺腫瘍になるおそれがあり、特に猫の場合は高い確率で悪性になると言われています。
 
また、発情を迎える前に手術を行うと、発情期のストレスを減らすことができます。
 
発情による問題行動は、飼い主さまの大きな悩みですが、犬や猫にとっても体調を崩すなどの身体の変化があらわれ、心身ともにストレスになります。
 
オスの場合は、一般的に去勢されると攻撃性を抑えられるなどのメリットもあります。
 
かかりつけの動物病院に相談しながら、余裕をもって手術の日程を決めてください。
 
 

ご家族のホームドクターとしてぜひご相談ください

当院は、犬・猫だけではなく、エキゾチックアニマルも診療してる動物病院です。
 
みなさまの家族の「ホームドクター」として、動物たちや飼い主さまに寄り添った診察を行っています。
 
去勢や避妊を行う適切な時期は、動物たちの体調・成長の過程などを確認しながら相談させていただきます。
 
新しい家族を迎えたときには、健康診断をかねてご来院ください。お待ちしています。